新年度の役員挨拶と要望活動に同行しました。

6月に入りました。

5月の終わりは、天候が安定せず

暑かったり、冷たい雨の日だったりと

体調が心配されるような日が続きました。

月が替わり、心も体も充実して毎日が送れるように

頑張りたいと思います。

 

さて、

私も組合員である小川江筋土地改良区役員の皆さんと市役所訪問に

同行しました。

内田市長との懇談では、市長の掲げる「人づくり日本一」

に連動するような地元の小学生に対する「小川江筋の歴史」の出前授業再開を、

新型コロナの状況を考慮しながら進め、

さらに、希望する小学校には積極的にアプローチしていきたいことなどや

小川江筋周辺でほ場整備が進むことによって、田んぼダムなど防災面でも

さらに貢献できる環境が整っていくことに期待していることなど、

限られた時間の中で多くの内容についてお話しさせていただきました。

市議会議長にも懇談の時間をいただき、

山林荒廃による田んぼ・畑等への獣害の問題をはじめ、

倒木や土砂流入などによる用水路の損傷事象についての話など

農林関係の課題についてもお話しさせていただきました。

農林水産部・水道局では、

水利施設維持管理の手法などについて、

さらなる共通理解を図れるような意見交換の場を

作っていただければと要望を行いました。

私からは、小川江筋については歴史的にも大変価値があり、今の状況を後世に残していくべきだと多くの皆さんが言ってくださいますが、実際、維持管理するための資金は、組合員からの賦課金と水道局の水路使用費の2種類しかないのが現状です。

大変厳しい状況にあることから、歴史的構造物の保護・保全の観点からも市をはじめ国・県など公的な援助が受けられる方策について、調査検討をお願いしました。

 

最近、朝の時間帯、地元の踏切が混むことが大変気になります。

たまに、幼稚園の送迎バスから小さな子供たちからかわいい目で

車の中をのぞかれることも(笑)。

  

               (車が停車しているときに撮影しています)

要望書の確認作業を。事務所の地震被害が。

 交通量の多い橋を通学する地区役員の方から、橋の真ん中付近で、吹き抜ける風が強い時、小学校低学年の生徒があおられる心配や橋下が見えることで恐怖心が出てしまうことがあることから、以前に設置していた防護カバー再設置の要望がありました。

 

                           (新しく完了した橋の状況)

 すぐに現場に向かい、状況確認をさせていただきました。これまで河川敷に茂っていた雑木などがきれいに除去されていることから、これまで以上に高所を歩っているように感じられます。妨げるものがないことから風の通りも確認できました。

                            (工事前の状況)

 この現状について、市の河川課や道路管理課担当と相談をさせていただきながら、早期の対応をお願いいたしました。

 

 私の愛谷町事務所は、先日の福島県地震の影響で、床や壁にクラックの出ているところが何か所かあり、

 修理関係者立会いの下、作業見積もりをお願いしました。

      

 この地震では、墓所も壊れてしまっていることから、同時に2か所の修理が必要で東日本大震災同様の被害となりそうです。

    

 

自宅に戻り、雨のせいでなかなかできなかった、ウォーキング。

  

 自宅入口の側溝や江筋土手などを先週末、しっかり草刈りをしたので大変気持ちよい気分でウォーキングを。

 我が家の周辺は、すでに田植えが終わり、きれいな水鏡状態でした。

 引き続き、がんばっていきましょう。

連休明け近況報告。要望書の対応を!

 今年のゴールデンウィークは、久しぶりの規制なし連休となり、各地多くの人出がみられました。新型コロナの感染者数増加が不安視されますが、新聞報道等によれば、その傾向が表れる時期に入っているとのことですので、基本的な予防対策の徹底をお願いしたいと思います。

  

 私も、連休明けは地域からの要望書の対応に忙しい毎日を送っています。区長さんとともに現場の確認や市役所担当部署との打ち合わせなどを中心にこれまでの要望個所の進捗状況についても再確認しています。

 私たちの地域では、毎年のことですが、道路や河川関係の要望が多くなっています。中には、要望1年目に形になる個所もあれば、いろいろな条件などにより翌年に継続要望になるところもあります。

   

                         (これまでの要望書現場写真)

 継続箇所については、区長さんとともに、より早く改良できる手法について検討し、難しいときには、しっかりと説明しながら別の形をさぐります。

 

 市政報告21号を作成しましたのでご報告します。




ゴールデンウィーク 後半は。

今日8日は、ゴールデンウイーク最終日です。

今年はコロナ禍の中でも、制限のない連休となり、観光地や飲食店など、大勢の人でにぎわいを見せているようです。

各地、賑わいが戻ってうれしいと思う反面、連休が終わった後の感染拡大が心配でもあります。

 

さて、我が家の連休は、小さいときから恒例で、田植え期間となっています。

7日の田植えに向けて準備を万全に。

   

今年、JAの育苗センターから、コシヒカリの苗が届いたのは4月8日。

それから約1か月の間、ビニールハウスでしっかりと育てました。

暑い日寒い日、風の強い日など寒暖差に注意が必要で本当に室温管理が大変。

毎年、いろいろと新たな気付きを経験しながら

7日朝から田植えをはじめ、無事終わることができました。

 

例年、5月4日の立鉾神社例大祭で休む以外は、家族全員が田植えモードでしたので終わってホッとしています。

   

連休でも、関係する地区の役員さんからの修繕確認打ち合わせは継続中。

特に多いのは、道路の維持管理に関する要望。皆さん、田植え準備などで田んぼに行く途中、道路が気になって連絡をよこすみたいです。

 

田んぼに白鳥がいるよとの連絡もいただきました。

中には、うれしいことも。

要望を受けていた地区の河川護岸工事に予算が付いたと県議から話が。豪雨の影響で、コンクリート護岸に大きく割れが出ており、今後、浸食が心配された箇所でした。県事業なので決定まで時間がかかると思われていましたが、迅速な対応に役員さんから感謝の言葉をいただきました。工事が計画通りに無事完了することを願います。

明日からは、また通常モードに戻って、頑張っていきましょう。

 

 

 

ゴールデンウィーク。

ゴールデンウィークが始まりました。

我が家では、田植えの準備が着々と進んでいます。

                   (ビニールハウスの苗も伸びてきました)

さて、市内の新型コロナ感染者数は、高止まりの状態が続いています。感染の話を知るたびに、本当に身近に新型コロナの影が近づいていることを実感します。

今一度、ご家庭で感染予防対策の再確認をお願いします。

 

大型連休前市長メッセージ!(令和4年4月25日) | いわき市役所 (iwaki.lg.jp)

 

毎年4月29日は、好間多目的広場において、いわき市消防団の「春季検閲式」が開催されていました。しかし今年は、市内の新型コロナ感染状況を考慮して中止となりました。本当に残念ですが、多くの人が集まる行事などはもう少しの我慢が必要かと思います。一人一人が、予防の基本対策を実践して、このゴールデンウィークを乗り越え、少しでも早く、本来の生活に戻れるように頑張っていきましょう。

                           (以前実施時の写真)

 

ハプニングをひとつ。

我が家は農家ですので、ビニールハウスの中で育苗し、連休明けに行う田植えの準備をしているところです。育苗のために、朝・晩の散水をするので外水道にホースを繋ぎ放しにしているのですが、昨日の夕方、家に戻ると外水道の蛇口から水が飛び散り、まるでシャワー状態。

蛇口が故障して全く止まりません。

結局、先輩に☎相談して業者さんをよぶはめに。専門家が到着してパッキンを取り換えてみても、一向に変わらず、結果的にはすべて新しいものに。

何が原因か全く解らずじまい。オカルトでした。

 

次の日の夕方は、近所でアライグマが出たとの☎を地元の元区長さんから。

 

内容を聞くと、今、蔵の中に居て保管しているコメの袋を鋭い爪で開けて食べているらしいとのこと。私にできることは????   どうする。とりあえず現場へ急行。

元区長さんと待ち合わせして、一緒に蔵を覗くと確かに丸々と太ったアライグマが。 

しばし、にらめっこ状態。

                                (拡大写真)

皆さんもそうでしょうが、捕獲をした経験はまったくありません。

考えた結果、コメ袋を積んだまわりに戸板を四方に囲んでブロックすることに。

とりあえずの対処をして、連休後、市役所に連絡し罠を借りるということで。

それまでの間に、自ら蔵を出ていくことに期待します。

今年のゴールデンウィークもいろいろありそうな予感。

 

 

 

 澤村神社例祭が斎行されました。 姉50回忌と祖母33回忌も。

 f:id:nishiyamakazumi:20220410202716j:plain f:id:nishiyamakazumi:20220410201822j:plain   f:id:nishiyamakazumi:20220410201838j:plain

                               (HP資料より掲載)

 毎年、4月10日は小川江筋開削の祖、澤村勘兵衛勝為侯を祀る澤村神社例祭の日です。小川から四倉地区の役員の皆様ご臨席のもと、規模を縮小し、例祭が執り行われました。

 例祭の来賓挨拶では、小川江筋土地改良区の中根進理事長から、改良区で進めている事業の現状について。

f:id:nishiyamakazumi:20220410202253j:plain

 矢吹県議からは、小川江筋周辺の圃場整備事業が本格的に進むことについてのお話がありました。

f:id:nishiyamakazumi:20220410202319j:plain

 市水道局からは、小川江筋土地改良区と密接にかかわりあいながら、これからも事業を進めていくことについて、事業管理者挨拶が代読されました。

 私は挨拶で、議員になり、まもなく10年が経ちますが、毎回欠かさずお招きいただいていることへの感謝と、挨拶するたびに小川江筋をしっかりと維持管理して次世代につないでいく大切さについてお話しさせていただいており、具体的には、水路面の補修強化・水路下側のり面の状態チェック・水路上側の民地(屋敷や山林等)管理を計画的にしっかりと進めていくこと。さらには、小川江筋から取水していただいている市水道局には、災害等により補修等が必要な場合の事業費も支援していただいていることも感謝の意味を込めお話させていただきました。

 開削以来約370年の間、定期的に水路補修は行われてきており、ここ10年の間も、県を主体に水路長寿命化事業(旧:水利ストックマネジメント事業)が進められており、神谷地区等で約3億円規模の事業が完了し、これからは平浄水場上流域で事業が進むこと。中根理事長はじめ小川江筋土地改良区役員、そして水道局の理解により、水路補修等の事業費が増額されたことを話しました。また、水路上側民地の山林整備については、民間の林業関連事業者と地権者の間を取り持つ市条例ができたこと。これにより、山の荒廃が進み、大雨時に大量の雨水や土砂が小川江筋に流れ込まないような治水対策も前に進んでいくことに期待していることも話しました。

 今後も、県議とともに、小川江筋の維持管理についての調整役を積極的に担っていくことを最後にお約束させていただきました。

 神社役員の皆様の前での挨拶は、いつも大変緊張します。

 f:id:nishiyamakazumi:20220410165240j:plain  f:id:nishiyamakazumi:20220410202517j:plain

 例祭終了後、すぐに自宅に戻り、実姉50回忌そして祖母33回忌の法要を。塔婆を持って菩提寺枝垂桜の名所「住善寺」に。

f:id:nishiyamakazumi:20220410202423j:plain

 姉は中学時代バレーボール部でキャプテンだったとのこと。何事にも元気で頑張っている姉だと思っていましたが腎臓の病で他界したのは昭和48年。磐女2年生でした。穏やかで何をやってもできる人、けんかをした記憶もありません。私はその時、中学2年生。そんな姉の影響で40代までバレーボールを続けることに。

 今日、4月10日は姉則子の67回目の誕生日です。早いもので50年過ぎました。

f:id:nishiyamakazumi:20220410202624j:plain

 祖母は、明治29年上神谷に生まれ、祖父を婿に迎えましたが、子供に恵まれず、何の縁戚関係もない父を28歳の時に養子にしました。その後、母が嫁ぎ、共稼ぎの両親に代わり、私たち兄弟を愛情いっぱいに育ててくれました。本当に感謝の気持ちしかありません。

 平成2年1月に他界しましたが、その年の11月に長男が生まれました。祖母に見せたかった。そんな祖母も・・。33年経ちました。

f:id:nishiyamakazumi:20220410202451j:plain

                       令和4年4月10日満開の桜です。

地元の七社遷座祭典に参加しました。

 前からお伝えしていました上神谷地区の山にある七社について、

今後のことを考慮して、地域の皆さんがお参りできる場所への遷座を進めるとしていました。

 去る3月26日、立鉾鹿嶋神社佐藤大和宮司とともに、熊野神社・稲荷神社

富士見権現・山神神社・塚ノ権現・白山神社

黒磯権現の各社を廻り、

昇神祭典を執り行い、

新たな鎮座場所である八坂神社境内において、関係役員や世話人とともに

遷座祭典を斎行いたしました。

これにより、今後は、関係者が害虫やがけ崩れなどの心配をすることなく、地区の皆さんがいつでもお参りできるようになりました。

 地域に暮らす多くの皆さんの願いが叶って少しほっとしたところです。

 

 また、これまで鎮座していた祠については、あえて取り壊すようなことはせずに、

自然にまかせ、将来、山と同化していくことを選択いたしました。